強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任−長野地裁(時事通信)

 長野県上田市の会社役員小嶋直樹さん=当時(61)=を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判初公判が15日、長野地裁(土屋靖之裁判長)であった。同被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 開廷前に、いったん選任された裁判員1人を本人の申し出から解任し、補充裁判員から新たに裁判員を選任。公判は3人の予定の補充裁判員を2人にして開かれた。判決は18日。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都(医療介護CBニュース)
殺人で捜査本部を設置=東京・国分寺の男性死亡−警視庁(時事通信)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
<仙谷担当相>独立行政法人の役員公募 閣僚の選考を念押し(毎日新聞)
[PR]
by a4yu70jyux | 2010-03-16 11:33